【超初心者向け】 女子にお勧めプロ野球観戦時のカメラの選び方

CAMERA

球場にも近年カメラ女子が増えてきたと感じます。
もちろんスマートフォンの写真でもそれなりにきれいです。
最近のスマホ、ほんとにカメラが良くなっていますから。

でも、プロ野球の球場はいわゆるいい席(ホームベース寄り)になればなるほど防御ネットがあります。
スマホカメラでネットを抜く(ネットが映らないように写真を写す)のは至難の業です。
それに周りのカメラ女子(男子)を見てると、だんだん欲しくなるんですよね、カメラ。

というわけで、野球好きの女子にお勧めするカメラ・レンズの選び方をお話したいと思います。

スポンサーリンク

カメラの特徴

カメラと一口に言っても、たくさん種類があります。
野球を撮影するのを前提とするとまず
デジタル一眼レフカメラ(以下、一眼レフ)、

デジタルコンパクトカメラ(以下、コンデジ)
から選択することになります。
大まかにいいますと、

一眼レフはレンズが交換出来る(カメラとレンズが分かれる)のに対して、
コンデジはカメラとレンズが一体(くっついている)です。

カメラの種類特徴
一眼レフレンズ交換が可能、高画質、重い、高額
コンデジレンズ交換不可、一眼レフより画質が劣る、軽量、価格帯様々
一眼レフとコンデジの比較

一眼レフの特徴

一眼レフの最大の特徴はなんといっても、

レンズ交換が可能で豊富な種類があること。
プロ野球撮影を目的にカメラを初めても、その後風景などの撮影にも興味を持つことは往々にしてあります。
そんなとき、別のレンズに交換することが可能です。
目的によってレンズを変えられることが最大の特徴といえます。

但し一眼レフはスマホはもちろん、コンデジよりも画質が良い分、どうしても高額になります。
初心者向けのものでもレンズ込みで10万円前後が一つの基準になります(もちろん上位機はこの限りではありません)。
※選び方によってはもっと安いものもありますが、今回はあくまで一般的な家電量販店で購入するときの話です。

これも女性にはちょっと不利な情報ですが、一眼レフはコンデジよりも重量的に重いです。

400mm以上の望遠レンズを付けると2kg超えなんてことも普通にあります。

ミラーレス一眼レフの特徴

重さという点では、ミラーレス一眼レフを選択することでかなり軽減が可能です。
ミラーレス一眼レフは一眼レフに内蔵しているミラーという部品をなくしているため、その分小型軽量化されます。
日本の市場でも最近急激に拡大中です。
(カメラメーカーがパンフレットに有名女優さんを起用するのもほとんどがミラーレス一眼レフです)


ただ、ミラーレスは歴史が浅いこともあり、まだまだ選べるレンズが少ないことと、軽量化ゆえに総じて高額です。
(レンズに関しては、厳密には取り付ける方法もありますが、ここでは割愛します)

コンデジの特徴

さて、一方コンデジはレンズと一体化している分、かなり軽量です。

そのためどこにでも持っていける手軽さがあります。

また一眼レフと比較すると、価格はお手軽と言えます。
中には10万円ほどの高額機種もあり、画質もかなり高いものを選択することも可能です。

一眼レフとの最大の違いは、レンズ交換が出来ないことです。
例えば、カメラ購入後にもっと焦点距離が大きいもの(つまり遠くのもの)や逆にマクロ(小さいものを大きく撮る)で撮ろうと思っても、変更することは出来ません

コンデジにも高額機種の中には、かなりの焦点距離を持つものがありますが、望遠にするほど画質は粗くなってしまいがちです。

野球撮影に必要な焦点距離

一眼レフ、ミラーレス、コンデジ、どれを選んでもプロ野球の試合を撮影するには、レンズの焦点距離は35mm換算で300mmは必要かと思います。
内野席から手前のベース(一塁側であれば一塁ベース、三塁側であれば三塁ベース)やピッチャーマウンドくらいまでであれば、それで十分撮影可能です。

ただ、内野でも反対側のベース(一塁側内野から三塁側ベース、またその逆)や外野の選手を撮影しようとすると、少し物足りないかもしれません。

また同じ内野でも、席によって見え方が全く違うので、推しの選手の守備位置やチームのどんな絵(守備の姿?バッターボックス?)が撮りたいのかなどによって座席を決めていく必要もあります。


どこの席からも十分に撮影出来るレンズは初心者には相当高額なお買い物になってしまうのと、かなりの重量になるので、個人的にはお勧めはしません。
(報道の方が持ってるようなものは実はかなり高額です)

私はこうしてました

最後になりますが、私の体験談を。
私自身はコンデジ→一眼レフと買い換えました。


カメラや野球を飽きずに続けられるか自信がなく、とりあえず高額機種(5万円程度)のコンデジを購入
最大望遠600㎜だったのですが、一眼レフに比べると画質が荒くなってしまうのと、コンデジは総じてバッテリー消費が早く、使用して3年ほどで故障してしまいました。
(それでもかなりの使用頻度だったので、とてもよく働いてくれたと思います)


故障を機に一眼レフに買い替え。
初めて一眼レフで試合を撮影したときは画質の高さとシャッター音に感動しました。
画質が良くなっただけで、写真がすごく上手くなった気がしましたよ。


今から撮影を始めたい場合、私のようにコンデジ→一眼レフと段階を踏むのもいいですが、かなりの確率でもっときれいな写真が撮れるカメラが欲しくなります。
そのため、最初から一眼レフでもいいと思います。

どれを選択しても楽しいカメラライフ、野球観戦・撮影が出来ることを祈っています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

(こちらを最初使用していました。よく働いてくれました)

コメント

タイトルとURLをコピーしました