ガチ初心者がブログで月次運営報告をしない理由

BLOG

こんにちは。
ブログ運営を開始して3か月が経過しました。
他の多くの(主に初心者)ブロガーさんのブログと比較して、このブログにはないものがあります。
それは「月次運営報告」です。

※月次運営報告とは…
 毎月のブログ運営について「ユーザー数」「記事数」「PV数」「収益額」「その他」等をブログで報告する記事のことです。

ブログ運営を開始して1か月が経過したときに、他の先輩ブロガーさんたちの報告を見て、自分も書いてみるか考えたのですが、結果作成しない結論に達しました。
今も個人的には「月次運営報告はいらない」考えに変わりありません。

この記事では、筆者が「月次運営報告は不要」とする理由を紹介します。
(あくまでも個人的な考えです。月次運営報告をされている方を否定するわけではありません。)

スポンサーリンク

検索流入があるとは考えにくいから

ブログを運営していると

  • 検索流入(オーガニック)
  • SNS経由
  • 直接アクセス
  • 他サイト経由

を入口に見に来て下さる方がいます。
検索流入というのはいわゆる検索サイト(GoogleやYahoo!など)から検索結果でたどり着くことを言いますが、検索をして他のブロガーの月次運営報告を見るとしたら…ほぼ高い確率でブロガーの方です。
言い換えると「一般の方がブログの月次運営報告はほぼ見ない」んです。
私も自分がブログ運営を始めるまで、誰かのブログの月次運営報告を見よう!なんて思ったことはありません。
検索して読まれない記事をわざわざ時間をかけて書く意味はない、と考えました。

備忘録なら記事にする必要はないから

私も運営開始当初、月次運営報告を作成しようと思ったことがありました。
それは後から振り返ったときに参考になったり、備忘録として残したいという理由です。

振り返ったときに参考にしたいのは確かにそのときのユーザー数やPV数、収益もですが、なんといっても、その時期に実際に取り組んだことであり、精神的な変化や感じたこと
それにPV数やユーザー数は後からでもアナリティクスで検索することは可能です。

もう一つの備忘録としてですが、自分の成長記録のためだけに記事を作成するのはあまりにも自分のエゴであり、読者を考えた行動は思えません。
いわば会ったこともないお子さんの写真だけが載った昔の同級生から届く年賀状みたいだな、と。
同級生から届く年賀状なら、その本人の姿が知りたいです。
お子さんの健やかな成長は確かに喜ばしいことではありますが、それ以上の感想を持つことは困難。

しかし、備忘録として記録したい気持ちも理解は出来ます。
なので、私はTwitterで報告をしています。
ブログを見て筆者に興味をお持ちいただいた方であれば、運営報告をお見せしてもいいのではと考えました。

どうせ書くなら他の人の役に立つことが書きたいから

記録として残したいのはユーザー数やPVなどの結果もありますが、それよりも「そのために何をしたか」「その頃にどう感じていたか」などのプロセスの方が自分にも他の方にとっても有益だと考えました。
そのため、当ブログでは「立ち上げ時」「初収益」「50記事作成まで」と節目ごとに実際に取り組んだことを記載しています。

現時点では今後もそのスタンスは変えないつもりです。

その他~心情的な理由~

ブログ運営にはある一定の時間が必要です。
1日24時間あるうち、その人にとってブログに注力出来る時間は異なります。
他の仕事、家事、育児、介護、家族の有無、体力の違いその他いろんな要件が重なります。
1日フルタイムで使える人もいれば、上記の理由によって1日1時間という人もいれば、平日は難しく週末のみという方もおられます。
1か月目で毎日更新で30記事書く人もいれば、週1更新で4記事の人もいるわけです。
人によって使える時間が違うのに「1か月目はこうでした」「半年でこうでした」というのは、あまりにも乱暴なのではないかと。

そうまるであれです。
子どもの成長を比較して心配している親御さんの気持ち。
成長なんて人それぞれなのに「同じ月齢で他の子は立っているのにうちの子はまだ」「他の子はしゃべり始めたのに、うちの子はまだ」というあの心理。
骨格や環境、遺伝などいろんなことが違うのだから成長は違っても当たり前ですよね。

それに気づいて「1か月」「2か月」という時間だけで区切る必要はないと思い至りました。

まとめ

当ブログでは「月次運営報告」をしていません。

✔ 検索流入が見込めないから

✔ 備忘録なら記事にしなくてもいいから

✔ 役に立つ記事を書きたいから

✔ ブログに使える時間は人によって違うから

この4つの理由から不要だと当ブログは考えています。
また「ブログに使える時間は人によって違う」ため、その報告だけを見て同じ頃に開始した他のブロガーさんと比較する必要もありません。

それよりも他の方が実際に取り組んだことで「いいと思ったこと」を自分でも取り入れてみることが大事なのではないでしょうか。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました