大阪旅行・観光が楽しくなる!おすすめ本5冊【お土産・スポットあり】

BOOK

関西に遊びにくる友人に「京都は見るところあるけど、大阪は通過しかしない」と言われて、「大阪かて見るところあるよ!」とはっきり言い返せなかった在住大阪人の私。

でも実は大阪城、USJ、お笑い、食い倒れ…それ以外もガイドブックに載っていないような素敵な場所や文化がたくさん楽しめる大阪。
大阪に旅行したい人、これから旅行する人、私のようにもっと大阪のことを知りたい人へ、大阪生まれ大阪育ちの筆者がおススメの本をご紹介します!

『乙女の大阪』 甲斐みのり著

大阪というと、「コテコテ」「粉もん」「アニマル柄のおばちゃん」と思っている人も多いのではないでしょうか。
そんなステレオタイプな面だけでなく実はモダンだったり、ノスタルジックだったり、クラシカルだったり、おしゃれな建物も空間もたくさんあります。
本書は甲斐みのりさんの独特の目線で、そんな大阪を余すところなく紹介しています。

個人的には「北浜レトロ」「大阪市立美術館」がおススメです。

北浜レトロは紅茶のおいしい人気の喫茶店です。
こちらのアフタヌーンティーセットは満腹必至。

大阪市立美術館は天王寺公園そばにあるレトロな建物の美術館。
有名画家の展示から、地元高校生の絵画・書道展まで幅広い展示が楽しめます。

『OSAKA SWEETS & BREAD―大阪スイーツ・パン・カフェあまから手帖セレクション』

関西の“旨い”を紹介する雑誌「あまから手帖」さんがセレクトした、大阪のスイーツ・パン・カフェが目白押しの一冊。
おしゃれな写真と「あまから手帖」さんらしい切り口の文面で、読み物としてもとても読み応えのある一冊です。
個人的におススメなのは「ブランジェリー タカギ」さんと「エクチュア」さん、「パンデュース」さんです。

タカギさんは肥後橋駅近くのパン屋さん。
デニッシュ系のパンからハード系のパンまでなんでも揃っていますが、実は「カヌレ」も絶品

エクチュアさんは空堀の本店を含めて大阪市内4店舗あるチョコレート屋さんです。
こちらは「塩チョコ」があります。
塩とチョコの絶妙なバランスをお楽しみください。


パンデュースさんは、お野菜を活かしたパンがおススメ!
ビジネス街だけでなく、大阪駅・新大阪駅にもあるので遠方から来られた方にも買いやすいですね!

『大阪のぞき』木村衣有子著

¥1,320 (2021/07/22 15:03時点 | Amazon調べ)

関東出身の著者が大阪を紹介している本書。
私自身、他の土地に行くとかわいいカフェや素敵な美術館、感じのいい雑貨屋さんに羨ましさを感じていました。
でも著者の目を通した大阪はとても素敵に書かれていて、大阪人にとってあまりに当たり前の景色だったものは実はすごく素敵なものだったんだと思えるようになった一冊です。

個人的におススメは「絹笠のとん蝶」と「TIKALのチョコレート」。
「絹笠のとん蝶」は三角形のおこわです。
実はこれを知ったのも大阪以外の人のおススメから。
サイズの割に腹持ちがよくて、私は新大阪の駅で購入して新幹線で食したりしています。


TIKAL(ティカール)のチョコレートは大阪のビジネス街淀屋橋にあります。
エクチュアさんといい、TIKALさんといい大阪はいいチョコレート屋さんが多いんですよ。
宝石か!っていうくらい素敵なチョコレートがショーケースに並んでいて思わずうっとり。
私は資格試験に合格したときここのチョコレートをいただいたのですが、プレゼントにもぴったりです。

『大阪名物 なにわみやげ』 井上理津子・団田芳子著

¥1,072 (2021/07/22 15:03時点 | Amazon調べ)

『大阪のぞき』とは逆に大阪人のお二人が著者の本です。
いわゆるガイドブックではなく、大阪の文化を含めた読み物としても読みごたえのある一冊になっています。
お土産用の商品というより、実際に昔から大阪人が使っている逸品が勢ぞろいです。

本書の中でのおススメは「和洋」「手ぬぐい」「堺線香」です。

和洋は住吉大社近くにある菓子屋粟玄さんの看板商品です。
アーモンドを生クリームのまろやな甘味と珈琲の薫り高いほのかな苦味で包み込んだサクサクとした食感のお菓子です。
甘すぎず、上品なお味でまた個包装もされていますし、ちょっとしたお土産にとてもおススメです。

手ぬぐいは「にじゆら」さんのもの。
手ぬぐいというと「かまわぬ」さん「濱文様」さんなど関東の会社が多いのですが、大阪・堺発祥の「株式会社ナカニ」のブランド「にじゆら」はその独特の色合いとにじみが特徴。
関西の企業とのコラボシリーズなども人気ですよ!
(私はクラフトビールの手ぬぐいを持っています)

堺は包丁・自転車などが有名なのですが、実は線香も有名です。
なんといっても、日本で初めて線香が作られた街が堺なんですよ!
薫主堂さんの線香、本格的ながらお手軽価格のものもたくさんあります。

『大阪で食べたい100のもの』JTBのMOOK

最後はJTBさんが出している「大阪で食べたい100のもの」です。
こちらは老舗から最新の大阪フードが満載。
大阪に旅行に来る人はもちろんのこと、大阪に住む人にも楽しめる一冊になっています。

超有名どころでは551蓬莱の豚まん。
肉まんではなく「豚まん」です。
大阪土産のド定番ですが、普通に食卓にものぼります。
(個人的には豚まんとアルコールを涼しい、もしくはあったかい部屋で食べるのが至福)

最近の定番といえば、カヌレ堂CANELÉ du JAPONさんのカヌレです。
定番のカヌレだけでなく、月ごとに季節のカヌレが発売されます。
大人気で閉店前に売り切れ閉店になることも。
お土産にも手土産にもおススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
大阪に遊びにきたくなったのではないでしょうか?

自由に旅行が出来るようになったあかつきにはぜひ大阪へ。
それまでは本で妄想大阪旅を楽しんでいただけるとうれしいです。

【注意】今回取り上げた本の中には残念ながら既に閉店しているお店の情報も何店舗かありました。気になるお店があった場合は、必ず事前に確認のうえ来訪ください。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
¥1,760 (2021/07/22 15:18時点 | Amazon調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました