片付け

レビュー

やましたひでこ『ズボラさんでもできる! はじめての断捨離』感想

「断捨離」という言葉がすっかり市民権を得たように思えます。提唱者のやましたひでこさんが『新・片付け術 断捨離』を出版されたのが2009年。そこから10年以上経過して「はじめての」と冠をつけた本書。一体どんな内容なのかとても気になっ...
レビュー

『ものは捨てても、ワタシは「好き」を捨てられない』感想

片付け本コーナーで見つけた本書。完全にタイトル買いしてしまった本です。片付けをしてモノを捨てる行為は本来なら、そこに住む人が心地よく生きることが目的であるはず。ものを捨てても「好き」を捨てないとはどういうことなのかを知りたいと思いました。...
レビュー

米田まりな『集中できないのは、部屋のせい。』感想|新感覚片付け

世の人がいかに片付けに悩んでいるのかがわかるのが本屋に並ぶ「片付け本」の多さです。このブログの筆者ももれなく片付けが苦手でこの手の本は相当数読んでます。 片付け本の多くは「片付け」「捨てる」「すっきり」「収納」などのワードが...
レビュー

ジョシュア・ベッカー『より少ない生き方 ものを手放して豊かになる』感想

「ミニマリスト」という言葉を聞いたことがありますか?モノを自分が暮らせる最低限度まで減らして心豊かに暮らしている人たちのことです。この本はアメリカ人のジョシュア・ベッカーさんがミニマリストになるきっかけから、モノを減らすことで人が自由にな...
タイトルとURLをコピーしました